価格・動作環境

価格

製品 説明 価格
テクノマークメール 同時接続ライセンス5席が付属します。 400万円
日本語解析オプション Eメール自動処理機能において、日本語解析方式(類似文書検索)をサポートするためのオプションです。 (Ver. 1.9から標準機能)
Eセルフサービスオプション ナレッジベース(FAQ)やマイコンタクト(ユーザーごとの質問/回答)をWebに公開し連携するためのオプションです。 200万円
追加同時接続ライセンス
(10席追加パック)
テクノマークメールのクライアントライセンスは、同時 ログインするオペレータ数によりカウントします。
*同時接続ライセンスが 300 席を超える場合には別途、 追加サーバーライセンスが必要になる場合があります。
200万円
追加同時接続ライセンス
(5席追加パック)
150万円
追加同時接続ライセンス
(1席ごと)
40万円
追加同時接続ライセンス
(~300席までの追加無制限*)
950万円

  • テクノマークメール導入のために下記の費用がかかる場合があります。それぞれの費用については、お客様の要件により個別にお見積もりいたします。
    • テクノマークメールの稼動に必要なハードウエア及びソフトウエアの費用(動作環境参照)
    • テクノマークメール導入 / インストール費用
    • SI / カスタマイズ費用
    • コンサルティング費用(回答例文作成、自動処理ルールや日本語辞書のチューニング等)

ページトップへ戻る

動作環境

Ver. 1.90 Update 16 対応状況 (2019/8/1 現在)
アプリケーションサーバー データベースサーバー
PC 同時接続5ユーザで運用した場合の推奨スペック
CPU: 2.6GHz / 2core 以上
メモリ: 4GB *1
空きディスク容量: 20GB *2
CPU: 2.6GHz / 1core 以上
メモリ: 2GB *1
空きディスク容量:*3
同時接続50ユーザで運用した場合の推奨スペック
CPU: 2.6GHz / 4core 以上
メモリ: 8GB *1
空きディスク容量: 20GB *2
CPU: 2.6GHz / 2core 以上
メモリ: 4GB *1
空きディスク容量:*3
同時接続100ユーザで運用した場合の推奨スペック
CPU: 2.6GHz / 8core 以上
メモリ: 16GB *1
空きディスク容量: 20GB *2
CPU: 2.6GHz / 4core 以上
メモリ: 8GB *1
空きディスク容量:*3
OS Windows Server 2019, 2016, 2012 R2, 2008 R2 Red Hat Enterprise Linux 7,6 / CentOS 7,6 Windows Server 2019, 2016, 2012 R2, 2008 R2 Red Hat Enterprise Linux 7,6 / CentOS 7,6
ソフト
ウェア
Tomcat 7
Java 8
Tomcat 7
Java 8
SQL Server 2017, 2016, 2012, 2008 R2 / Oracle 19c, 18c, 12c R1, 11g PostgreSQL 11,10,9.x / Oracle 19c, 18c, 12c R1, 11g

オペレーター用クライアント
PC 対象OSにて、対象ブラウザが快適に動作するスペックを推奨
OS Windows 7, 8.1, 10
ブラウザ Internet Explorer 11, Google Chrome

  • *1 メモリは、OSの使用分を除いた、アプリケーションが使用可能な容量です。
  • *2 APサーバの推奨HDD容量 … ユーザー数や問い合わせの規模を問わず、20GBの空き容量が必要です。
  • *3 DBサーバの推奨HDD容量 … 問い合わせの規模に応じて、以下の空き容量が必要です。※これらの容量は目安です。ご利用状況により異なります。
    • 問い合わせ件数が 100件/日で、5年間の運用を想定 … 20GB
    • 問い合わせ件数が 500件/日で、5年間の運用を想定 … 100GB
    • 問い合わせ件数が1000件/日で、5年間の運用を想定 … 200GB

  • 操作環境について
    • 64Bit版を推奨します。
    • ご利用の条件により、上記の動作環境は変動します。
    • 別途メールサーバー(POP/SMTP)が必要となります。
    • アプリケーションサーバーとデータベースサーバーは、一台のPCサーバー上で動作させることもできます。

ページトップへ戻る